読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六畳モノリス

日々の生活や雑考の備忘録。

現在所有しているクッカーのスタッキング状況

f:id:ikumakouson:20150717043916j:plain

 

少し前になるけど自転車のキャンプツーリング用にティファールの鍋を2つヤフオクで購入した。

すでにスノーピークのアルミクッカー×2とチヌークのフライパンを持っていたがカレーなんかを作るにはもう少し大きさに余裕が欲しかったのだ。

自転車ツーリングで持っていくには重くて不向きだけどパスタを茹でたりするのに大変重宝する。

 

これがスタッキングした状態。

f:id:ikumakouson:20150717045913j:plain

 

広げた状態。

f:id:ikumakouson:20150717050138j:plain

Chinook(チヌーク )キャニオン ハードアノダイズド フライパン 7.75インチ 41480

T-fal OPTIMAL ソースパン 18cm、20cm

スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 フォールディングハンドル MG-042FHR

●百均の鍋蓋 19cm

●百均のステンレス皿 23cm

T-falのハンドル(着脱式の取っ手)はスタッキング出来ない(この木箱に入れて持っていく)。

どれも問題なく使えるけど特にステンレス皿は重宝してて家でもよく使ってる。

安物だから薄くてペコペコしてるんだけど汎用性は高い。

 

 

自転車ツーリング用に改造した絵の具用木箱

f:id:ikumakouson:20150717034349j:plain

 

実家に住んでいた時、なぜか家に絵の具用の木箱があった。

ずいぶん汚れていたがつくりは良さそうだったで、何かに使えると思って貰っておいた。

何に使うかを色々考えたけど、アウトドア用のテーブル兼調理道具&調味料入れに改造することにした。

一見、特に手を加えてないが……

f:id:ikumakouson:20150717001406j:plain

 

裏に折りたたみの脚がついている。

f:id:ikumakouson:20150717001536j:plain

別売りの折りたたみ脚を色々探したがちょうど良いのが無く(1つあったがやたら高かった)、ホムセンで1000円位でミニテーブル(不二貿易 カラー ミニ テーブル ブラック CCB4530-BK 85593)を買い、脚を外して移植した。

立てるとこんな感じ。

f:id:ikumakouson:20150717175537j:plain

きちんと安定している。

 

仕切り板はかなり汚れていたので(洗っても固まった油絵の具が全然落ちない! )アルミテープを貼って養生。

f:id:ikumakouson:20150717002906j:plain

中には百均で買ったスチールラック用のポール3本(1本は曲げてある)と自作ランタンフックとクリップ。あとは必要に応じて調味料や調理器具を入れる。

クリップはゴミ袋を留めるのに使う。

f:id:ikumakouson:20150717004549j:plain

 

ポールは3本つなげて木箱横にあるネジフックに差し込む。

f:id:ikumakouson:20150717003645j:plain

f:id:ikumakouson:20150717004310j:plain

ポールにランタンフックを引っ掛け、先端に手元を切った折りたたみ傘を差し込む。

f:id:ikumakouson:20150717012116j:plain

わりといい感じ。

ポールが斜めなのは、真っ直ぐ立てると傘の下に入れないため(イス側に立てれば垂直でいいんだけど、邪魔なのでこのかたちにした)。

折りたたみ傘の貧相さは如何ともし難いけど、ちゃんとしたパラソルだと折りたたみ式のでも収納時70cmくらいあるんだよね・・・・・・

自転車ツーリングの場合、銀マットの60cmを超える長さの荷物は極力持ちたくない。

 

アウトドア用ミニテーブルと組み合わせると、火と包丁を同時に使える作業スペースが用意できる。

f:id:ikumakouson:20150717005837j:plain

 

調理器具を除いた上の写真の荷物をまとめるとこうなる。

f:id:ikumakouson:20150717010942j:plain

木箱は防水ではないので、これにカバーを掛けて自転車のリアキャリアに積む。

容積的にはまとまっていると思うけど、木箱がしっかりしているのでかなり重量がある。

野外料理を楽しむ近場のキャンプなんかには使えそうだけど、長距離ツーリングには不向きかもしれない。